www.stdbts.xyz

自己破産というものをしたとしても公的な機関などから家族や親類に直々に事実関係の報告などがなされることはありません。ですから、家庭に露見してしまわないように破産の申告ができる可能性もあります。ただ現実を見ると、自己破産というものを申立てるときに公的な機関から同居中の親族の所得を明らかにする書面や金融機関の通帳のコピー等といった証明書類の届け出を有無をいわさず要求されるようなこともありますし借りたところから家族へ催促が来るケースもままありますので、近親者に露見してしまわないように破産の申立てが行うことができるという100%の確証は得られるものではないと考えられるのです。敢えて知らせずにしておいて後になってから秘密がばれてしまうことに比較すると本当のことを誠実に話をして皆の協力を得て自己破産というものをしていく方がよいでしょう。一方、住む場所の異なる親族であれば自己破産の手続きを実行したのが知られてしまうことはひとまず不安に思う必要はないといえます。妻(夫)の債務を滅することを念頭に別れることを検討するカップルもいらっしゃるとのことですがまず、たとえ婚姻関係を結んだ間柄だと書類で認められていも法律的には自らが書類上の(連帯)保証人という身分に身を置かないならば民法上では義務はないと言えます。その一方で、連帯保証人になってしまっているケースは離縁することを行っても義務は残ってしまいますから支払義務があると考えられます。ですから、離婚を実行したことさえすれば借入金の法律上の支払い義務がなくなるようなことはまずないのです。さらにはしばしば金融会社が借入者の家族や親類に支払の督促に及ぶようなケースもありますが保証人又は連帯保証人でない場合であれば親と子、妹と姉の間というような家庭間の借入金について当人以外の家族に民法において支払義務はまずないのです。それ以前に債権保持者が支払に対する強制力を持たない家族や親族の方を相手取って支払いの督促を行うことは貸金業を規制する法律についての行政府の運営ガイドラインで固く禁止されているため取立ての仕方によっては貸金業規制法の請求の規則に違うこともあります。ですから法的な支払い義務とは無関係であるにもかかわらず借金を持つ人の家庭が取立てを不当に受けたようならば、借りた会社に対して支払請求を止めるよう警告を発する内容証明郵便を送るのがよいでしょう。よく、債務者その人がとても可哀想でならないからと思うが故に借りた張本人以外の近親者が未返済金などの債務を代理として返済してしまうという話もありますが、債務を負った本人が自立心を無くして何度も借金のトラブルを引き起こしてしまうことがよくあります。ですから債務者本人の気持ちを斟酌したら血も涙もないかもしれませんが債務をもつ本人手で返済義務を返済させていくかそのようなことが不可能ならば自己破産の手続きをやらせた方が債務者本人の健全な社会生活を全うするためには良いと言えるでしょう。

Link

Copyright © 1996 www.stdbts.xyz All Rights Reserved.